logo _02BLACK.png

株式会社 岩本商店は一般廃棄物・産業廃棄物等の処理・収集運搬を通じてよりよい環境を創造します。

HOME > 廃棄物について

ABOUT WASTE

産業廃棄物
廃棄物には、大きく分けて2つ、一般廃棄物 ・ 産業廃棄物に分かれております。
1.一般廃棄物…一般家庭から出るゴミやし尿、事業活動から出る廃棄物のうち19種類の産廃に該当しないもの。
2.産業廃棄物…事業活動から出る廃棄物のうち、法令や政令で定められる19種類の廃棄物をさします。
具体的にご説明しますと・・・
主に一般生活で出たゴミやし尿で、これにつきましては市町村の責任で処分します。ただ会社やお店などの事業活動にともなって出た廃棄物が、すべて産業廃棄物かというとそうではありません。たとえばオフィスの紙くずや飲食店の生ゴミは事業活動にともなって出た物ですが一般廃棄物。つまり、19種類に当てはまるものが産業廃棄物で、それ以外は一般廃棄物と思っていただければよろしいかと思います。

photoetc.jpg


19種類の産業廃棄物
燃えがら・木くず・がれき類・汚泥・繊維くず・家畜ふん尿・廃油・動植物性残さ・家畜の死体・廃アルカリ・金属くず・13号廃棄物・廃プラスチック・ガラス、陶磁器くず・ばいじん・廃酸・ゴムくず・紙くず・鉱さい
◎企業や工場などから事業活動に伴って生じる廃棄物で、次の19種類に分類されます。

1 燃え殻  焼却残灰、石炭火力発電所から発生する石炭がらなど
2 汚泥 工場排水処理や物の製造工程などから排出される泥状のもの
3 廃油 潤滑油、洗浄用油などの不要になったもの
4 廃酸 酸性の廃液
5 廃アルカリ アルカリ性の廃液
6 廃プラスチック類 合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず等合成高分子系化合物
7 紙くず 建設業、紙製造業、製本業などの特定の業種から排出されるもの
8
木くず
建設業、木材製造業などの特定の業種から排出されるもの
9 繊維くず 建設業、繊維工業などの特定の業種から排出されるもの
10 動植物性残さ 食品製造業などの特定の業種から排出されるもの
11 ゴムくず 天然ゴムくずなど
12 金属くず 鉄くず、スクラップ、研摩くず、切削くずなど
13 ガラス・陶磁器くず ガラス類、製造過程等で生じるコンクリート・レンガくず、石膏ボード等
14 鉱さい 製鉄所の炉の残さいなど
15 がれき類 建物の解体に伴って生じたコンクリート破片アスファルト破片など
16 家畜のふん尿 畜産農業から排出されるもの
17 家畜の死体 畜産農業から排出されるもの
18 ばいじん 工場の排ガスを処理して得られるばいじん
19 13号廃棄物 1〜18に掲げる産業廃棄物又は輸入された廃棄物のうち航行廃棄物及び
携帯廃棄物を除いたものを処分するために処理したものであって、
これらの産業廃棄物に該当しないもの−コンクリート固形化物など

その他
特別管理産業廃棄物…病院から出る感染性の廃棄物とか体に有害な物質の廃棄物

当社での取扱い品目
■一般廃棄物
■産業廃棄物…廃棄プラスチック・金属くず・ガラス、陶磁器くず、紙くず・木屑・動植物性残さ・がれき類・廃油
■特別管理産業廃棄物…感染性廃棄物
「感染性廃棄物」とは、医療機関、試験研究機関等から医療行為、研究活動に伴って発生し、人が感染し、または感染するおそれのある病原体が含まれ、若しくは付着している廃棄物又はこれらのおそれのある廃棄物を「感染性廃棄物」といいます。
 現在、廃棄物処理法において、医療機関等から排出される感染性廃棄物は、特別管理産業廃棄物として位置づけられており、収集運搬や処分方法について、産業廃棄物よりも厳しい基準が設けられています。

感染性廃棄物の判断基準について
1 前提 感染性廃棄物とは、医療関係機関等から発生する廃棄物
2 形状 (1) 血液、血清、血漿及び体液(精液を含む。)(以下「血液等」という。)
(2) 手術等に伴って発生する病理廃棄物
(3) 血液等が付着した鋭利なもの
(4) 病原微生物に関連した試験、検査等に用いられたもの
3
排出場所
(医療機関のどこから排出されたか)
感染症病床、結核病床、手術室、緊急外来室、集中治療室及び検査室において
治療、検査等に使用された後、排出されたもの
4 感染症の種類 (1) 一類、二類、三類感染症、指定感染症及び新感染症並びに結核の治療、
検査等に使用された後、排出されたもの
(2) 四類及び五類感染症の治療、検査等に使用された後、排出された医療器材、
ディスポーザブル製品、衛生材料等
5 特記 通常、医療関係機関等から排出される廃棄物は「形状」「排出場所」及び
「感染症の種類」の観点から感染性廃棄物の該否について判断できるが、
判断できない場合は、血液等その他の付着の程度や付着した廃棄物の形状、
性状の違いにより、専門知識を有する者(医師、歯科医師及び獣医師)によって
感染のおそれがあると判断される場合は感染性廃棄物とする。
なお、非感染性の廃棄物であっても、鋭利なものについては感染性廃棄物と
同等の取扱いとする。

※感染性廃棄物を取り扱うには、廃棄物に直接触れることのないように、必ず容器に入れて取り扱います。
 密閉できる容器、収納しやすい容器、破損しにくい容器を廃棄物の性状に応じて使い分けていくことが必要です。




Copyright iwamoto. All Rights Reserved.


News


Concept


 C O N T E N T S

home
profile
recycling
waste
waste
sitemap
blog
privacy&policy
contact

eco-house-thumb.jpgeco-house-thumb.jpg

Dox B01-03 認証.jpgDox B01-03 認証.jpg

bil0119-042@@.jpgbil0119-042@@.jpg

-6%SP.png-6%SP.png

link-bannerFAN.pnglink-bannerFAN.png

hirasawa.jpghirasawa.jpg

hirasawa 2.jpghirasawa 2.jpg