logo _02BLACK.png

株式会社 岩本商店は一般廃棄物・産業廃棄物等の処理・収集運搬を通じてよりよい環境を創造します。

HOME > リサイクル事業 > リサイクル施設・工程

RECYCLING BUSINESS STEPS

静岡市の集団資源回収recycle-1w300.jpg
当組合は静岡市より集団資源回収事業を受託しています。集団資源回収では、葵区・駿河区の一般家庭から排出される、空きびん・空き缶の回収を行っています。集団資源回収は、月に1度、毎週月曜日から金曜日に行われ、1ヶ月で葵区、駿河区のご町内を回ります。月に1度の資源回収日に、登録された集積所(ステーション)へ回収に伺います。びん・缶の回収量は正確に記録され、町内会ごとに重量を分配し、その回収量に応じて、静岡市から各町内会に報奨金が支払われます。

びん・缶の回収方法
月に一度、資源回収日の前日に各町内会によって決められた集積所(ステーション)へ、びん回収用のコンテナを配布します。回収日当日、朝8時半までに、空き缶は静岡市の指定袋(または認定袋)に入れて、空きびんはコンテナに横にして入れて排出していただきます。空き缶はパッカー車で、空きびんは平ボディ車で回収し、当組合の選別工場に搬入します。

001-1.jpgspacer.png001-2.jpgspacer.png001-3.jpgspacer.png001-4.jpgspacer.pngstation.jpg

≪空きびんの出し方≫
1 キャップをはずしてください(はずれにくい場合は、はずさなくて構いません)
2 中を水洗いしてください
3 収集当日に、集積所の黄色いコンテナに、横にねかせて入れてください
注意:次のものはびんの回収では出せません
・化粧品、塗り薬のびん ・割れたびん ・耐熱ガラス製品 ・茶碗、コップ ・蛍光灯 など

≪空き缶、スプレー缶の出し方≫
1 中を水洗いしてください
2 スプレー缶は必ず使い切ってから安全な場所で穴をあけて出してください
3 静岡市指定袋・認定袋に入れて出してください
注意:次のものは空き缶、スプレー缶の回収では出せません・包丁類 ・その他家電製品等の金属類など
●その他に缶類として市指定袋に入る大きさのもので、次のようなものは出すことができます
・やかん ・なべ(ホーローも可) ・ボウル ・フライパン ・スプーン、フォーク
・針金ハンガー ・オタマ ・灰皿 など
注意:汚れがひどいものについては燃えないごみで出してください。

回収・選別加工の流れ
1.月に一度、資源回収日の前日に各町内にビン回収用のコンテナが配布されます。各家庭では、空き缶は静岡市の指定袋に入れて、空き瓶は横にしてコンテナに入れて排出します。また、PETボトルは、スーパーマーケットや公民館等を拠点として回収します。
2.空き缶・PETボトルはパッカー車で、空き瓶は平ボディー車で回収し、選別工場に搬入します。
3.第1工場では、びんとPETボトルを選別します。第2工場では、空き缶と鉄くずを選別します。
4.そして、いろいろなリサイクル原料に生まれ変わります。

recycle-2.jpg

第1工場・びん選別ライン
コンテナに入ったびんはベルトコンベアに流され、作業員が手選別で最初にリターナブルびんを選別し、ワンウェイびんは2階に運ばれ、それぞれ色分けされます。
◎リターナブルびんは、洗って何回も「再使用」できるびんです。標準的な使用回数は、ビールびん15〜16回、一升瓶12〜13回、牛乳びん50〜60回です。
◎ワンウェイびんは、「再生利用」するため細かく砕かれカレットになります。これに新しいガラス原料を約25%加え、新しいびんに生まれ変わります。

recycle-3.jpg

第1工場・PETボトル選別ライン
PETボトルは、ゴミとキャップを取り除きプレスしてから、再生処理工場に出荷します。
◎再生された主な製品
1.繊維製品・・・クッションなどのつめ綿、カーペット、フリース、軍手など
2.成形品・・・・洗剤用ボトル、卵のパック、文具類など
3.包装材料・・・ブリスターパック、箱の中の仕切り等
※PETボトルのリサイクルはまだ始まったばかりです。今は、再生された製品は最終的にはゴミになってしまいますが、PETボトルに再生するための研究が行われています。

recycle-4.jpg

第2工場・缶選別ライン・破砕選別ライン
処理能力/缶選別ライン 1時間に8トン・破砕選別ライン 1時間に12トン

recycle-5.jpg

吹きガラス工房
回収したびんを原料にし、吹きガラス製品を作っています。びんはきれいに洗って細かく砕き、るつぼで約1300度まで熱して溶かします。溶けたガラスを鉄の竿に巻きつけ、空気を吹き込み形にしてゆきます。製品は徐冷炉で一晩かけて冷やして完成です。

吹きガラス教室top_img_031.jpg
基礎技術の習得からワイングラス製作レベルまで段階を追って学んでいきますので、ガラスが好きな人なら初めての方でも楽しく安全にガラス工芸の技法を学ぶことができます。世界でたった一つのマイグラスを作ってみませんか。吹きガラスを本格的に習いたい方、各曜日をご用意いたしました。基本からご指導いたします。


吹きガラス体験コーナーtop_img_032.jpg
初めての方に体験教室をご用意いたしております。1回の講座でペーパーウェイト又はコップ、一輪挿しを製作することができます。吹きガラスを作っやってみたいけど「むずかしそう・・」そんな心配はいりません。スタッフがマンツーマンにて指導してくれます。先生が丁寧に教えながら指導や補助をしますので、初心者でも安心です。お子さんから大人の方まで出来ます。子供の団体や学校の体験学習も行われています。


map_studio.jpg
吹きガラス工房・吹硝(すいしょう)
静岡市葵区富厚里1859-1 Tel 054-270-1626
フリーダイアル 0120-74-1622(お問合せ:月〜金9:00〜16:30)
Mail studio.suisyo@shizu-re.jp
◎詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://studio-suisyo.com/




環境問題への取り組み
どのような事業活動も環境に対して影響を与えています。私達は環境への悪影響を減らし、また良い影響を与える事を目指し、環境の国際規格ISO14001を2001年1月に取得しました。 この環境マネジメントシステムを導入し環境方針を定め継続性のある活動を行なってゆき、自然と調和し共に歩んでいける企業を目指しています。私達は、静岡市の集団資源回収業務等の事業活動を通して、常に環境問題を意識し、地域の皆様ともに、循環型社会の一層の発展に貢献して行きます。

≪ 方 針 ≫
1.業務の手順を見直し、資源の有効活用を図ることで、電気、燃料、紙の使用原単位を低減させます。
2.粉塵、汚水、廃棄物の発生原因を特定し、これらの抑制、削減に努め、また新たな発生を予防します。
3.循環型社会の発展に貢献する為、社会のニーズを把握し、より良い製品・サービスを提供します。
4.環境マネジメントシステムを構築、運用し、定期的にその有効性を確認し、見直すことにより、継続的改善を図ります。
5.当組合が適用を受ける環境法規及び当組合が同意するその他の要求事項を遵守します。
6.この環境方針は、一般に公開し、理解・普及に努めます。



Copyright iwamoto. All Rights Reserved.


News


Concept


 C O N T E N T S

home
profile
recycling
waste
waste
sitemap
blog
privacy&policy
contact

eco-house-thumb.jpgeco-house-thumb.jpg

Dox B01-03 認証.jpgDox B01-03 認証.jpg

bil0119-042@@.jpgbil0119-042@@.jpg

-6%SP.png-6%SP.png

link-bannerFAN.pnglink-bannerFAN.png

hirasawa.jpghirasawa.jpg

hirasawa 2.jpghirasawa 2.jpg